2009年12月16日

『たきび』作詞者ゆかりの地 発車メロディーに採用

♪かきねのかきねのまがりかど……。JR中央線豊田駅(日野市豊田)で電車の発車を知らせるメロディーに、日野市ゆかりの童謡「たきび」が使用されることになった。早ければ年内にも流される予定で、地元住民らは「夢がかなった。市にゆかりのある曲を多くの人に親しんでほしい」と喜んでいる。

 「たきび」は1941年に岩手県紫波町出身の童謡詩人・巽聖歌(たつみせいか)が作詞した。巽は48年から68歳で亡くなる73年まで、日野市旭が丘に住んでいた。

 巽をしのび、98年に有志約15人で「たきび会」が発足した。翌年には地元の旭が丘中央公園に「たきび」の詩碑が建てられた。さらに、2006年からは旭が丘商工連合会が中心となって「たきび祭」を開催している。

 隣の八王子駅で05年に地元・八王子出身の中村雨紅(うこう)が作詞した童謡「夕焼小焼」が発車メロディーに採用されたことを受け、地元住民から「旭が丘に最寄りの豊田駅のメロディーに『たきび』が採用できないだろうか」との声が高まった。

 今年9月には、同連合会副会長の田中三雄さん(60)らが中心となって署名活動を実施。1か月ほどで約2300人の署名を集めて、市に要望した。

 市とJR東日本八王子支社が協議を重ねた結果、11月に採用が決まった。制作費約20万円は、全額市が負担した。

 今回の採用について、巽の長女、中川やよひさん(68)(あきる野市山田)は、「『たきび』は私が生まれた年にできた思い出の曲。この曲を聞くたびに、生前の父の姿を思い浮かべ、懐かしさでいっぱいです。本当にありがたい。天国の父に報告したい」と語った。
posted by sunshine at 08:12| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巡拝者「札所泣く」

 所有者「リサイクル品」 県指導改善なし

 秩父市内の札所を巡る江戸巡礼古道★脇に、無粋な廃品の山が6年にわたって放置されている。「保管」するリサイクル業者は「ごみではない」という立場。県は1年前、廃品に廃棄物が混じっているなどとして、指導を始めたものの、改善の気配はなし。10月には、ようやく整理・撤去を勧告したが、規模が小さいことなどから、古道に面していない1か所だけが対象となった。業者は「古道脇の保管場所を含めて来年3月までに整理する」としており、古道ファンらが注視している。


問題になっているのは、秩父市別所の古道沿いにある幅約10メートル、高さ約3メートルの廃品の山。プラスチックケースに入った缶や瓶、ひしゃげてさびついた自転車、冷蔵庫、サーフボードなどが雑然と積まれている。

 23番札所・音楽寺から24番札所・法泉寺につながる幅1〜2メートルほどの狭い道で、県の調査で初期の道筋とみられている。四季折々の表情を見せる武甲山(1304メートル)を眺めながら、のどかな田園風景を楽しめ、白装束をまとった巡礼者や、リュックを背負ったハイキング客が多く通る。古道巡りの経験がある狭山市の男性(66)が嘆く。「あれでは秩父の札所が泣く」

 「所有者」は、地元のリサイクル業者の男性(61)。男性によると「取引先の倒産をきっかけに多額の負債を抱え、10人いた従業員を雇えなくなり、6年前からたまった」という。

 住民からの苦情を受け、県が動き出したのは1年ほど前。男性は「ごみではなく、リサイクル品。やむを得ず廃棄物になる部分もある」との言い分で、県は、付近の2か所を含めて立ち入り調査を実施。廃棄物の撤去を求める行政指導も行ったが、「減っては、また増える状況が続いた」(県担当者)という。

 県は10月、市や地元警察にも立ち会いを求めて男性を呼び、古道に面していない保管場所1か所について、分別・撤去を求める勧告を行った。古道脇を対象から外した理由について、県は「規模が小さく、住民から直接苦情がないため」と説明している。

 男性は「巡礼道といっても、私の生活がある。体調を崩したこともあり、分別が遅れていた。別の所に移す資金もないが、3か所すべてを整理し、リサイクル品を整然と保管するなど、巡礼道の雰囲気にあった形にしたい」と話している。

 古道を訪れた都内の大学3年の女子大生(21)は「ガイドブックを見て、きれいだなと思ってきた。観光化を目指しているなら、行政も配慮が必要では」と注文をつけていた。

   ★江戸巡礼古道 室町時代から続く「秩父札所めぐり」のための道で、江戸時代に完成したとされる道筋。地域住民が環境美化に努めており、ツツジや彼岸花などを道沿いや法泉寺境内に植える活動をしている。
ラベル:巡拝者
posted by sunshine at 08:09| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

JR東の駅構内売店、「セルフレジ」年内に100店

 東日本旅客鉄道(JR東日本)グループは首都圏の駅構内にある売店に、顧客が自ら操作し商品を購入できる「セルフレジ」の導入を拡大する。先行導入した山手線の大崎駅などでは利用客から「朝夕の混雑時でも少ない品目を素早く会計できる」と好評なため、首都圏の山手線や京葉線、埼京線、横須賀線などの駅に年内に100台程度を整備することにした。

 セルフレジは客がガムなど買いたい商品のバーコードに機械をかざすと、商品名や価格などを読み取る。客は買いたい商品をすべて機械に読み取らせた後、機械の画面に表示された金額を確認し、同社が発行する交通系のIC乗車券「Suica」などの電子マネー機能で支払う。(
ラベル:セルフレジ
posted by sunshine at 07:23| Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受験に滑らない?競馬の「てい鉄」お守りに

道の駅「源平の里むれ」(高松市牟礼町原)は13日から、北海道帯広市の帯広競馬場で開催されている「ばんえい競馬」の競走馬がつける滑り止め機能付きのてい鉄を使った「すべらないお守り」を販売する。

 同競馬は最大約1トンもの鉄製そりを引き、二つの障害を越える過酷なレース。そこで実際に使われた貴重なてい鉄で25個の限定販売。道の駅は「厳しい試験も力強い馬力を発揮して乗り越えて」とPRしている。

 ばんえい競馬は、北海道開拓期に、農耕馬などに荷物を引かせて競わせたことが始まりとされ、現在は同競馬場のみで開催。使われたてい鉄は、事故防止のお守りとして地元では車に付ける人も多い。「滑り止め」が付いていることから、合格祈願グッズとしても人気が高まっているという。

 日頃は同競馬場での限定販売だが、道の駅は、高松市と帯広市の交流を通じ、25個を送ってもらった。
ラベル:てい鉄
posted by sunshine at 07:07| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。