2009年10月05日

水って何だっけ!11

都会の水道水が美味しくないのは?

カルキが入っていない水は法律違反?
都会の水道水か美味しくなおイメージがあります、その原因になっているんがカルキなのです。
カルキとは、石灰に塩素を吸着させたもので、水に溶かすと殺菌効果があります。
しかし、塩素は水の中の汚れや雑菌と反応して消えてしまい、水質のよくない都会ではどうしてもカルキの量が増えて、臭いがあり美味しくない水になってしまいます。
カルキを減らすかとで、今より美味しい水になるのですが、なぜカルキを入れるのでしょう。
日本では、家庭の蛇口の先まで塩素が残っていなければ法律違反になってしまうのです。
まして、浄水場から家庭までの水道管の距離が長かったり、マンションなどは貯水タンクに水を貯めてから、各家庭へ供給するため雑菌や藻などが繁殖しやすい環境なのです。
そのため、きれいな水を家庭の蛇口まで流すためには大量のカルキを入れなければならないので、臭いがしたり美味しくない水になってしまいます。

川の水は、基本的に山から流れ出ているミネラルウォーターだと思います。汚水や家庭の排水等で汚れカルキを使わなければならなくなってしまうのではないでしょうか?
でも今では、性能の高い「高度浄水処理施設」や海外ではすでに水の殺菌に使っている「オゾン」による殺菌も、始まっていることで100%オゾン殺菌した水を供給している区や、オゾンとカルキ殺菌した水を混ぜ合わせ供給している所もあるため、都会の水もかなり美味しくなってきています。

水道水で食中毒を予防
水道水が美味しくないのはカルキのせいですが、いいところもあります。
それは「食中毒の予防」の効果があるといわれています。
食中毒のほとんどが、大腸菌やブドウ球菌が原因が多いのですが、水道水につけると約1時間ほどで細菌のほとんどが死滅するといわれています(ただし、塩素によりビタミンは破壊されてしまいます)。
浄水器を通した水やミネラルウオーターでは、細菌がそのままの状態でいます。
水道水は、美味しくはないですが「安全性」は非常に高いといえるのではないでしょうか。

posted by sunshine at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

水って何だっけ!10

酸素水って?

わずか1%でも酸素が足りないだけで疲れがたまっていく。
疲れやすいは酸素不足の合図、ふだん普通に吸い込んでいる空気には、21%の酸素しか含まれていません。大都市圏では、密閉されたビルや地下、人ごみや排気ガスが多いこともあり、酸素濃度が約20%とも言われています、都会の生活では常に1%の酸素が不足しているのです。
たったの1%ですが、人間にとって重要な問題で、疲労感・動悸・息切れ・めまいなど症状が現れることがあります。
運動をすると呼吸が激しくなることから分かるように、体を動かすのはもちろん、脳を使ったり、飲酒・喫煙なども酸素を多く必要としますので、「最近どうも疲れて」と思う人は酸素不足の合図かも知れません。

酸素の補給は酸素水がいい
酸素不足を解消するには、呼吸をすることで取り込むより多くの酸素を体に補給してあげる必要があります。最近では、酸素を直接吸入することが注目されていますが、中でも水に含まれる酸素量が通常の数倍から数十倍もの酸素を詰め込んだ、酸素水が話題になっています。
酸素水は、運動中や運動後に最適な水といえます。
また、体内に十分な酸素を取り込むことで血液の循環がよくなり、美容にも効果があるといわれています。

使い方で選ぶ酸素水
アスリート向けに
激しい運動や体を動かす機会の多い人は、超高濃度の酸素が疲労物質(乳酸)を分解してくれるので、酸素約30倍以上いいといわれています。
お酒が好き・タバコをすう人
アルコールの分解には、多くの酸素が必要です。また、喫煙は体内への酸素の吸収効率を下げるので、10倍以上の酸素水が効果的といわれます。
普段の酸素補給には
新鮮な酸素を取り込むことで、新陳代謝を高めたり、リラックスさせたりします。頭がさえない、疲れやすい、肌のハリが落ちてきた人などは、費用対効果の高い5〜10倍の酸素水がいいようです。

各種酸素水







タグ:酸素水
posted by sunshine at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

油を分解するのに必要な水の量

使用済みてんぷら油、大さじ一杯ちょっとで6000リットル

使い終わった、てんぷら油20mlを水で薄めたとき、魚が住めるようぬなる水の量は、微生物が汚れ(有機物)を分解する時、水中の酸素を使うが、水量が少ないと酸素が足りなくなり魚がすめなくなります。
油には有機物が多く含まれているため、分解するのに多くの水を使うのです。
環境省は、食器の油を洗う前にふき取るように呼びかけている。

魚が住める水質にするために、必要な水の量の目安
使用済みのてんぷら油(20ml)・・・・・・・・・6000g
マヨネーズ(大さじ1杯15ml)・・・・・・・・・3900g
牛乳(コップ1杯200ml)・・・・・・・・・・・3300g
ビール(コップ1杯180ml)・・・・・・・・・・3000g
1回目の米のとぎ汁(50ml)・・・・・・・・・・1200g
肉じゃがの汁(100ml)・・・・・・・・・・・・ 990g
中農ソース(大さじ1杯15ml)・・・・・・・・・ 390g
シャンプー(1回分4.5ml)・・・・・・・・・・ 201g
台所用洗剤(1回分4.5ml)・・・・・・・・・・ 201g
※環境省作成資料参照


ドイツ 正規FROSCH ミニボトル2種セット
タグ: 分解
posted by sunshine at 08:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。