2009年12月22日

女子プロ野球30人、ドラフトで球団決定

来年4月に開幕する女子プロ野球リーグの2球団「京都アストドリームス」と「兵庫スイングスマイリーズ」が21日、設立された。

 京都の監督には元阪急の大熊忠義氏、兵庫監督には元ダイエーの川越透氏が就任した。

 この日は、入団テストで合格した選手30人の所属を決めるドラフト会議も大阪市内で開かれた。

 両球団が選手を一人ずつ指名。競合した場合は選手自らが抽選箱から色分けされたボールを選んで球団を決定。15人ずつに振り分けられた。

 野球経験のない陸上やり投げの選手で、兵庫に投手指名された愛知・豊田大谷高3年萩原麻子さん(17)は「初心と謙虚、感謝の気持ちを忘れずに頑張り、最終的には130キロのストレートを投げたい」。
posted by sunshine at 08:09| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。