2009年12月19日

「ポスト龍馬伝」の観光振興、長宗我部元親テーマに 高知県


 高知県は来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の後をにらんだ観光振興策として土佐の戦国時代の武将、長宗我部元親をテーマにした集客企画を打ち出す方針を固めた。来年11月から2011年3月まで旅行会社などと組み、ゆかりの地を巡るツアーやイベントを実施。年明けに開幕する「土佐・龍馬であい博」を引き継ぎ、歴史ブームに乗った誘致策を推進する。

 長宗我部元親は戦国時代に四国をほぼ制圧したが豊臣秀吉に屈し、占領地を返上した。県内各地にゆかりの地があり、広域的な観光客誘致ができると判断した。

 「長宗我部元親を巡る旅」と銘打った県内周遊企画を4カ月間実施する。国指定史跡となった居城の岡豊城(おこうじょう)跡(南国市)、初陣の像(高知市)、元親に敗れた安芸国虎の墓(安芸市)などを巡る。ガイドの解説も付ける。

 岡豊城跡に立地する県立歴史民俗資料館は来春に改装オープン。元親のコーナーを設置、ツアーでは学芸員が展示物の説明をする。
ラベル:長宗我部元親
posted by sunshine at 07:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。