2009年12月18日

松屋百貨店、人員1割削減へ


 百貨店の松屋(東京)が、グループ従業員を対象に1割程度の人員を削減する方向となったことが17日、わかった。


 従業員数は約1200人で、前回2006年5月に約100人を削減したリストラを上回る規模となる見込みだ。来週にも発表する。

 高額品の販売不振が直撃し、松屋の10年2月期連結決算は税引き後利益が2期連続の赤字に陥る見通しだ。今回のリストラでは早期退職を募るなどして、数億円の人件費を削減する。労働組合との協議で、削減人数は増える可能性もある。松屋は、東京の銀座と浅草の2店舗で営業。売上高は08年1月から毎月、前年同月を下回っている。

 百貨店業界では、三越が早期退職を募り、全従業員の2割強にあたる1500人の削減に踏み切った。松屋が追随することで、他社にもリストラが広がる可能性がある。

ラベル:松屋
posted by sunshine at 07:39| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。