2009年12月12日

男女でこんなに違う宿の好み

好みの宿は男女で随分異なる。感覚的には分かっていることだが、ここまであからさまに違いが表れたのは、今回が初めてかも知れない。世界最大の旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人「トリップアドバイザー」が発表した「男女別、日本のベストホテル」は上位20ホテル・旅館の男女間の重複が3つだけと、嗜好のズレがはっきり出た。男女両方にランクされたのは、「ザ・リッツカールトン東京」「ホテル日航アリビラ」「ザ・ブセナテラス」の3軒だった。

 今回のランキングは、2008年11月からの1年間に、「トリップアドバイザー」サイトに投稿された日本人ユーザーのクチコミ評価に基づいている。5段階の星評価、クチコミ投稿数などを計数化し、性別で分けて集計した。

 男性が選んだ日本のベスト宿はトップが「ホテル日航アリビラ」(沖縄県読谷村)。2位以下は「ザ リッツ カールトン東京」(東京都港区)、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」(沖縄県恩納村)が続いた。4位以下は「エクシブ蓼科」(長野県茅野市)、「知床グランドホテル 北こぶし」(北海道斜里町)、「京都ブライトンホテル」(京都府京都市)、「ルネッサンスリゾートオキナワ」(沖縄県恩納村)、「指宿白水館」(鹿児島県指宿市)、「ラビスタ函館ベイ」(北海道函館市)、「ドーミー イン 弘前」(青森県弘前市)の順だった。

 一方、女性が選んだベスト3は「マンダリンオリエンタル東京」(東京都中央区)、「ザ・ブセナテラス」(沖縄県名護市)、「ウィズ ザ スタイル」(福岡県福岡市)。4位以下は順に「山荘 無量塔」(大分県由布市)、「チサン グランド 札幌」(北海道札幌市)、「お宿のし湯」(熊本県南小国町)、「夢想園」(大分県由布市)、「パークハイアット東京」(東京都新宿区)、「ザ リッツ カールトン東京」(東京都港区)、「遊久の里 鶴雅」(北海道釧路市)が名を連ねた。

 ベスト10で目立つのは、東京のラグジュアリーホテルと北海道・沖縄のリゾート宿という二極分化の傾向だ。ビジネス出張客や宴会利用者の声を含めたホテルランキングでは、都市型ホテルに評価が偏る傾向があるが、レジャー利用がメーンとみられる今回の調査結果からは、自腹客のリアルな評価が反映されているようだ。

エリア別で見ると、男性はベスト10に沖縄県が最多の3軒も入ったのが目を引く。北海道も「知床グランドホテル 北こぶし」「ラビスタ函館ベイ」の2軒が入った。東京都内は「ザ リッツ カールトン東京」1軒だけで、大阪府はゼロ。京都府からは「京都ブライトンホテル」が選ばれた。

 ところが、女性のベスト10には1位の「マンダリンオリエンタル東京」はじめ、8位の「パークハイアット東京」、9位の「ザ リッツ カールトン東京」と、外資系3ホテルが東京からランクイン。都心外資好きの傾向がうかがえる。湯布院温泉(大分県)の「山荘 無量塔」と「夢想園 」がそれぞれ4位と7位に食い込んだのも、男性とは際立って異なる点。男性ランキングでは両施設ともベスト20に入っていない。

 女性で3位の「ウィズ ザ スタイル」(福岡市)も男性上位20位内に名前がない。米国カリフォルニアのレジデントスタイルをコンセプトにした同ホテルは館内の随所にアートを配したスタイリッシュなデザインでも評価が高い。

 湯布院の2宿に加え、女性のベスト20には、黒川温泉の「お宿のし湯」(6位)、阿寒湖温泉の「遊久の里 鶴雅」(10位)、作並温泉の「ゆづくしの宿一の坊」(18位)、長野県軽井沢町の「温泉旅館 星のや」(19位)、石川県七尾市の「加賀屋」(20位)と、温泉旅館が7軒も入り、女性の温泉好きをあらためて証明した。

 もちろん、男性も温泉宿は好きなようで、「知床グランドホテル 北こぶし」(北海道斜里町、5位)、「指宿白水館」(鹿児島県指宿市、8位)、「ひらゆの森」(岐阜県高山市、13位)、「酸ヶ湯温泉旅館」(青森県青森市、14位)などがベスト20に登場した。半面、女性が支持した湯布院、黒川温泉は見当たらず、意識の違いものぞかせた。

 ラグジュアリーな宿への好感度が高い女性ランキングに比べ、男性ベスト20が示すのは、リーズナブル料金へのシンパシー。5位の「知床グランドホテル 北こぶし」以下、「ラビスタ函館ベイ」(北海道函館市、9位)、「ドーミー イン 弘前」(青森県弘前市、10位)、「クロスホテル札幌」(札幌市、18位)などが上位に顔を見せた。女性は「チサン グランド 札幌」(札幌市)が見える程度で、ほとんどは高価格帯の宿だった。

 男女を通じてはっきりしているのは、いわゆる「旧御三家」の影の薄さだ。男性の20位内には都市部のホテルとしては「帝国ホテル大阪」(大阪市)しか入っていない。女性はゼロだ。

 会員制リゾートホテルの「エクシブ」は、男性の4位に「エクシブ蓼科」(長野県茅野市)が、女性の12位に「エクシブ京都八瀬離宮」(京都市)が入った。女性で13位の「喜瀬別邸 ホテル アンドスパ」(沖縄県名護市)、西表島にある「ニラカナイ」(沖縄県竹富町、17位)といった、プライベート感を重んじる隠れ家的な宿泊施設は女性からの支持が高い。
ラベル:宿の好み
posted by sunshine at 11:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。