2009年12月11日

走れジングル号…津軽鉄道がXマス列車

奥津軽を走る津軽鉄道(本社・青森県五所川原市)で、車内をクリスマス調に装飾したイベント列車「ジングル・メロス号」が期間限定で運行されている。

 観光案内役の女性乗務員「トレインアテンダント」がサンタ帽子に赤いケープを身に着けて乗客を出迎え、車内に手作りの布製ツリーやリースが飾り付けられている。窓に白いスプレーで「メリークリスマス」の文字や絵が書き込まれ、乗客は窓の外の冬景色を眺めながら一足早いクリスマス気分を楽しんでいる。

 津軽出身の作家太宰治にちなんだ「走れメロス号」4両のうち、3両が「ジングル・メロス号」となる。25日まで。
ラベル:Xマス列車
posted by sunshine at 16:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土佐維新バーガー SAで発売…高知

 高知県特産の土佐はちきん地鶏、米ナス、ユズなどをお好み焼きで挟んだ「土佐維新バーガー」を、土佐電気鉄道(高知市桟橋通)が大阪市のハンバーガー会社と開発し、運営する高知自動車道南国サービスエリア(SA)下り線の売店で、11日から販売する。


 同鉄道の関係者らが10日、県庁を訪問し、試食した尾崎知事は「佐世保バーガーのように名物になれば」と期待した。


 幕末の志士ゆかりの食材を使っているのが、名前の由来。坂本龍馬の好物でもあったシャモと地鶏をかけ合わせた土佐はちきん地鶏を、メーン具材にした。米ナスは、三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の出身地の安芸市特産。中岡慎太郎の出身地、北川村のユズを使ったマヨネーズで味を調えた。土佐の郷土料理によく使われるコンニャクも挟んだ。


 開発には、大阪市や奈良県橿原市などで「和」をテーマにしたハンバーガー店を展開する「大阪バーガー華円(はなまる)」(大阪市中央区)が協力。お好み焼きに挟むのは同社の売り。この日、尾崎知事に新バーガーを勧めたSAの野口和明支配人は「ほかにないご当地バーガーとして売り出せたら」と意欲を見せた。尾崎知事は「晩ご飯になるくらいボリュームがあるのに、ユズのおかげでしつこさがない。歴史情緒もたっぷり」と期待した。


 1日50個限定、380円(税込み)で販売する。
posted by sunshine at 10:23| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ウェンディーズ」が無くなる!

ゼンショー、ハンバーガー撤退 「ウェンディーズ」成長見込めず
 外食大手のゼンショーは10日、ハンバーガー店「ウェンディーズ」事業から31日付で撤退すると発表した。米ウェンディーズ・アービーズ・グループ(ジョージア州)とのフランチャイジー契約を終了する。日本マクドナルドが強いハンバーガー業界では成長が見込めないと判断、経営資源を牛丼やファミリーレストランに集中する。

 月末に任期満了を迎える米社との契約を更新しないことを決めた。ウェンディーズは現在、国内で約70店舗を展開しているが、1月以降はウェンディーズとしての営業は行わない。店はグループで抱える牛丼の「すき家」やファミレスの「ココス」といったほかのブランドに転換するか、閉鎖する計画だ
posted by sunshine at 07:45| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野・アルプス5泊プラン

 のりくら温泉郷にある休暇村乗鞍高原では12月14日、1月4・11日、2月8・22日、3月1・8・15・22・29日から5泊10食のプランを提供。
信州の名産を使った夕食バイキングに「今日の1品」が付く。
3万1500円から(税込み、入湯税別)。
目の前が乗鞍高原温泉スキー場で、各種イベントも。

同休暇村=(電)0263・93・2304。
ラベル:アルプス
posted by sunshine at 07:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手・猊鼻渓こたつ舟

 一関市の名勝・猊鼻渓を手こぎ舟で下る冬の風物詩。
来年2月28日まで。9時〜15時、1時間ごとに出発する。
所要時間90分。1500円。食事や鍋付きのコースは3000円からで、前日16時までに予約。

げいび観光センター0191・47・2341。
ラベル:こたつ舟
posted by sunshine at 07:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビール類出荷量、2%減

ビール大手5社が10日発表した11月のビール類飲料の総出荷量は、前年同月比2・4%減の3530万ケース(1ケース=大瓶20本換算)となり、11月としては過去最低だった。

 単月の過去最低は5か月連続だ。景気低迷で、飲食店向けの出荷の落ち込みが続いているという。
ラベル:ビール
posted by sunshine at 07:21| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイスキーじわり復活、出荷量6〜7%増へ

ハイボール 若者らに人気
長く消費の低迷が続いていたウイスキーに復活の兆しが出てきた。

 今年の国内出荷数量は、11年ぶりに前年実績を上回ることが確実だ。本格的な回復は21年ぶりとなる。戦後、人気を博したソーダ割りの「ハイボール」が、若者らに好評という。レトロ人気やビールなどと比べた割安感が理由のようだ。

 ウイスキーの出荷数量(課税ベース)は、ウイスキーの酒税が減税された1997〜98年を除けば、89年以降、横ばいか前年割れが続いてきた。しかし、2009年は前年比6〜7%の伸びが見込まれている。

 リード役はハイボールだ。ウイスキー「角瓶」で知られるサントリーが飲食店向けに「角ハイボール」のサーバーを投入。扱い店舗は5万8000店と1年で4倍に増えた。人気女優の小雪さんを起用した広告なども人気を後押しした。

 サントリーは10月にコンビニ限定の缶入りハイボールを発売。キリンビールも来年2月、缶入りを売り出す。

 酒のブームは移り変わりが早く、90年代後半は高級ワイン、00年代前半は「本格焼酎」が人気で、ここ数年は酎ハイが好調だった。ここに来てハイボールが受けていることについて、民間の研究機関、酒文化研究所の狩野卓也代表は「最近はウイスキーを飲んだことがない若者が多く、彼らには新しい酒に映る。甘くないハイボールは口当たりも良く、食事にも合いやすい」と分析する。

 価格も、多くの飲食店では一般的なビールのジョッキが500〜600円程度なのに対し、ハイボールは400円前後といい、不景気の中で割安感も受けたようだ。

 飲みやすいウイスキーの開発を進める動きも出ており、ニッカウヰスキーは3月に「スーパーニッカ」の中身を一新。ウイスキー独特のピート(泥炭)の香りを抑えて初心者に受け入れやすくし、好評という。ハイボールの愛飲家として知られる作家の伊集院静さんは、「世代を超えてハイボールが愛され、(ウイスキーの復活が)やっと来た。6〜7%という伸びは一過性では出てこない」とみている。
ラベル:ウイスキー
posted by sunshine at 07:20| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

80年前の「タイムトンネル」、大阪で発見

明治、大正に大阪―奈良間を結んだ大阪鉄道の路線で、1931、32年の大規模な地滑りですべて崩壊したとみられていたトンネル「亀ノ瀬隧道(ずいどう)」(大阪府柏原市)の一部がほぼ原形のまま見つかり、9日、報道各社に公開された。

 約80年前、土砂の下に消えた〈幻のトンネル〉に、関係者は「まさか当時のまま残っていたとは」と驚いている。

 トンネルは1892年、大和川右岸の生駒山地を貫いて建設された。昭和初期の地滑り後、出入り口が封鎖され、間もなく現場を迂回(うかい)する別の路線(現JR関西線)が建設された。

 見つかったアーチ状のトンネル内部はれんがで覆われ、幅3・3メートル、高さ4・6メートル。昨年、国土交通省が排水トンネルの敷設工事で周辺を掘削作業中、全長約500メートルのうち、66メートルが崩壊を免れているのを確認した。同市教委と国交省は、一般公開の方法を検討する。市教委の担当者は「約80年前の空気が詰まったまさにタイムトンネル」と話した。
posted by sunshine at 07:09| Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。